サイディングの意味

外壁サイディングの意味と選ばれる理由知っていますか?

【PickUp!】≫浦安市民から愛されているリフォーム店の評判確認しました?
浦安地域の方達に支持されているのは「施工が確実で信頼できる」から。実際に利用者された方達の声をまずは確認してみましょう。

サイディングの「意味」ご存じですか?

サイディングは直訳すると壁板という意味です。外的刺激から建物を守ってくれる1枚の壁です。

窒素系サイディングは、石綿セメントを主に使って工場で加工した不燃外壁材です。

防火性能があるので、防火地域でも使う事ができます。窒素系の他に、金属系のサイディングもあります。

厚みが14㎜以上で、幅が150㎜~450㎜までと様々であり、横張り用と縦張り用とがあります。

表面加工が様々であり、フラットな表面からタイル調や石目調等、本物の素材を使っているかのような高級感を引き出してくれるサイディングもあります。

昔の外壁はモルタルが一般的でしたが、ここ30年程はサイディングが多く使われるようになりました。

サイディングの外壁が近年選ばれる理由

サイディングを選ぶ

サイディングが使われるようになった理由

なぜ近年サイディングを使うようになったかというと、乾式工法だからです。

サイディングは材料に水分を全く含んでおらず、張っただけで外壁仕上げが完了してしまいます。

また、色んな模様があるので、自分の好みや高級感を簡単に引き出す事ができるのも、大きな特徴です。

モルタルよりも重量が軽いので、地震力軽減にも役立ちます。

モルタルが使われにくくなった理由

モルタルの様な湿式工法は、材料に水分を含んでいるので、硬化するまでの放置時間が必要となってしまいます。

モルタルは2度塗り3度塗りをしてモルタルは外壁を作っていく関係上、最低でも外壁自体を完成させるまで2週間はかかってしまいます。

その間、雨雪の影響で工事が遅れる事もしばしばです。

また、職人さんの腕次第でモルタル表面の精度が大きく変わるのも、難点と言えるでしょう。

サイディングの外壁へリフォームするには良い業者に依頼しよう

この2つの差から、サイディングが大幅に支持されるようになってきました。

ただ張るだけで外壁が完成するので、新築だけにとどまらずリフォームにも多く使われるようになりました。

また、最近はモルタルに塗装を行う古き外壁の工法も見直されつつありますが、扱いやすく簡単に美観を作る事ができるサイディングは、今後も定着していくこと間違いないでしょう。

けれども、こういった施工を行うのであればしっかりとした技術を持つ業者さんに依頼するのがベストです。

値段だけ安いリフォーム店に依頼しても、本来20年持つものだったとしても数年で劣化してしまう事も有ります。

お住いの都道府県内で信頼できる施工会社をしっかり選定されて下さいね。

浦安で評判の良いリフォーム会社知ってます?

浦安市のリフォーム会社の評判
>>浦安市内で評価の高いリフォーム業者リストを確認する

このエントリーをはてなブックマークに追加