建具のリフォーム

リフォーム時に忘れがちな3つの建具修繕ポイント

【PickUp!】≫浦安市民から愛されているリフォーム店の評判確認しました?
浦安地域の方達に支持されているのは「施工が確実で信頼できる」から。実際に利用者された方達の声をまずは確認してみましょう。

建具のリフォーム忘れていませんか

内装のリフォームは壁や床などは目に付くものですが、意外と目に付かなく老朽化が出てしまうのが木製建具です。

ついついその他の部分に目が行ってしまって、後々後悔されるケースが多いです。

木製建具は、使い続ける事であちこち傷みが目に付くようになっていきます。どのような部分が傷んで不便になっていくのか、ピックアップをしてみました。+

リフォーム時に忘れがちな建具の3ポイント

建て付けの悪さ

建物自体にゆがみが生じてくる事により、木製建具の建て付けの悪さが出てきてしまいます。

丁番を調整したり木製建具の木枠接地部分をカンナで削る事で、快適に使えるようになります。

握り玉の不便さ

築30年以上経っている建物の場合、木製建具は握り玉の場合が多くなります。

握り玉は年齢を増すごとに握り辛くなり、また握り玉が古くなる事で内部で空回りを起こして開閉の機能に影響を及ぼしてしまう事があります。

現代の木製建具の開閉はレバーハンドルが主ですので、レバーハンドルに変える事をオススメします。

年齢を増した方でもレバーハンドルでしたら手を掛けやすいので、使いやすくなります。

木製建具表面の傷み

長い間使い続けていると、木製建具の表面が汚れ傷んでしまいます。表面材のみの張替も出来ますので、建具屋さんに相談をしてみると良いでしょう。

このように、木製建具が長く使う事で消耗と不便さを発生させてしまいます。古さと不便さが気になるのであれば、いっそ木製建具の入れ替えを行ってみましょう。

建具はオーダーメイドでリフォームも可能です

建具のオーダーメイド

リフォーム店等にに依頼をすると、既存の木枠に合わせて木製建具をオーダーで作る事が出来ます。

オーダーといっても一定の大きさに合わせて作るだけですので、それほど莫大な費用はかかりません。

ガラスなしの落とし込み程度で5万円程、ガラスなどの化粧をほどこした木製建具の場合は10万円程かかります。

新しい木製建具にしたり丁番を付け替えるだけで格段に使いやすくなりますので、是非梅を向けてみましょう。

浦安市において口コミで評価の高いリフォーム会社のランキングをチェック!

浦安リフォームブログ関連記事:

このエントリーをはてなブックマークに追加